コーティング剤として身近な製品に使われる窒化チタン

サイトマップ

コーティング剤として身近な製品に使われる窒化チタン

チタンは体内に入れる事もある金属です

ドリルの先端

チタンは骨折時などに骨を繋いだり補強したりする目的で体内に入れる事がある金属です。他の金属材料で作られたプレートやボルトだとどうしても錆びたり腐食したりしますが、チタンではそういった事が起こり難いです。また、金属アレルギーも起こり難いのでそういった用途に最適です。
他の理由としては、チタンは他の金属材料と比べて軽いのに丈夫だという点が体内に入れる金属として適しています。いくら錆びたり腐食し難いと言っても、重いのでは体内に入れるのには適していません。ボルト一本くらいならそれでも良いのかも知れませんが、プレートのような大きな物となると重量は非常に重要ですし、硬いというのも重要なポイントになってきます。
さらに、チタンは他の金属材料と比べてしなりやすく、多少曲げても元に戻る性質があります。そういった点もやはり体内に入れる金属材料として重要な点です。ただ硬いだけでは衝撃が加わった時に骨に大きなダメージを与えてしまう事も多いですが、しなりやすいチタンであればそういった事もありません。
それほど優れた金属であるのにかかわらず、他の金属と比べてチタンは非常に安価です。そういった金属は他にはほとんどありません。

チタンは体内に入れる事もある金属です

ドリルの先端

金属材料のチタンの特性とその用途とは?

自転車のチェーン

チタンはどんなところで使われている金属?

マネークリップ

意外に多くの物に使われている金属がチタンです

金色の金属板