コーティング剤として身近な製品に使われる窒化チタン

サイトマップ

コーティング剤として身近な製品に使われる窒化チタン

窒化チタンはチタンから製造されています

金属加工の工場

金属は生活に欠かせない金属材料として私たちの身の回りに多く存在しています。金属材料は目に見える形で私たちの生活に役立っている物と目には映らなくても役立っている物が有ります。例えばチタンは軽い、強い、錆びないなどの特性からアレルギーが起こりにくいのでアクセサリや医療用器具、スポーツ用品やアウトドア用品など目につきやすい場所で活用されている一方、発電所では、電気を作るタービンの蒸気を冷やして水に戻す装置は、熱に強く、海水を使用するので発電では錆に強いチタンは適材適所の素材として役立っています。
チタンを窒素と反応させた窒化チタンはチタンの特性である酸化しにくい特長を活かして切削道具に使用され、寿命が長くなる効果が得られます。摩耗しやすい場所へのコーティング剤として様々な場面で活用されています。またアメリカの政府機関が認めた無毒性から医療用のメスや骨用のノコギリにも使用されています。窒化チタンの製造には、純度の高いチタンを昇華させ、高エネルギーの真空環境下で窒素と反応させるという工程が一般的です。窒化チタンの製造には高い技術や設備が必要です。日本には高い技術のあるメーカーが有り、多くの業界を支えています。

身の回りにある窒化チタンの役割

みなさん、窒化チタンという金属をご存知でしょうか?チタンという言葉は聞いたことがあるという方はいらっしゃるかもしれません。窒化チタンとは空気中にもっとも多く含まれる窒素という物質とチタンが化合した金属で、主に金属コーティングなどの用途に用いられる金属材料です。
私たちの身近なもので、工業製品の各種パーツや車・バイクのタイヤなどの強度がもとめられる部品などにコーティングされています。そうすることで車などのパーツの磨耗性や耐久性が上がり、あなたが持っている愛車の寿命が長くなるのです。もう一つ忘れてはいけない特性に、アレルギー性が低いことがあげられます。どういう事かと言うと、金属アレルギーがあるとベルトのバックルやピアスで肌がかぶれてしまうことがあります。そういった事を防ぐために、肌に触れる金属製品にはあえてこの窒化チタンをコーティングして私たちを守ってくれています。
先ほどの例よりもぐんと身近な話になったのではないのでしょうか?銀歯などがその好例です。虫歯になってしまったり、歯が欠けてしまった時にも活躍する金属材料です。アレルギー反応が低いので、口内の歯にコーティングすることで安全・安心に歯を守ってくれます。
金属を強くしたり、体に無害で利用できたりと応用の幅が非常に広い金属材料です。

多くの分野で活用される窒化チタン

普段の生活のなかで窒化チタンについて考えることは、あまり多くありません。この金属材料は、金や銀と同程度の耐食性を持っています。貴金属並みの耐食性を持つ金属材料のなかでは、もっとも軽くて安価です。
窒化チタンが様々な分野で活用されていることは、あまり知られていません。窒化チタンを利用したコーティングは、摩耗を防ぎ耐久性を向上させてくれます。また、従来のメッキ膜より剥がれにくく、密着力に優れています。このような特性を活かして、工業用ドリルの先をコーティングしたりします。
デメリットとして挙げられる点は、メッキ処理より高額になることです。条件によって価格帯に幅がありますが、5倍から50倍くらいに跳ね上がります。便利な特性を持ちながら加工が難しい点が、高額になる理由のひとつでもあります。また、アルカリ性に弱い性質も持ち合わせています。
それ以外にも色彩を利用して、装飾の役割も果たしています。腕時計やメガネのフレームに使用されて、高級感を生み出しています。他にも数え切れない分野で活用されており、食器類には窒化チタンが用いられていることが多いです。あまり気づくことはありませんが、日々の生活に密着した金属材料です。

チタンは体内に入れる事もある金属です

ドリルの先端

金属材料のチタンの特性とその用途とは?

自転車のチェーン

チタンはどんなところで使われている金属?

マネークリップ

意外に多くの物に使われている金属がチタンです

金色の金属板